境村分水:辿る編その2 西支流

■ルートマップ(境橋南分岐点→境南地区)

※注意:あくまで推定ルートです。

より大きな地図で 境村分水 を表示

本流の流末はよく判らず終い・・・

お次は昭和31年修正測量した1/1万地形図に記載のある残渠を追ってみます。

恐らくは下水道跡だと思われますが、境村分水の末裔ですのでいっしょに本コンテンツで扱います。
(取材日:11月23日)

p1110690

(↑)スタートは、境橋南側の(A-1)。

何となくではあるが水辺の雰囲気。

p1110713

(↑)URのサンヴァリエ桜堤のあたりを南流していたらしい。

p1110716

p1110717

(↑)ただ遺構が見あたらないので秋を撮ります。

この季節の水路散歩での撮影はあまり怪しまれません。(爆)

そして・・・

p1110720

(↑)(B-1)にありましたありました。この歩道は間違いなく水路跡。

“花の通学路” というらしい。

p1110725

p11107221

(↑)そして直ぐに仙川にぶつかり、こちらも掛樋で渡ります。(B-2)

にしても掛樋の遊歩道っていいなあ♪

p1110721

p1110726

(↑)花の咲く春先とは美しい路なのかな?

学生さんもいっぱい歩いているのかなぁ。

p1110727

p1110728

(↑)この遊歩道は人の往来が多く、有効利用されています。

愉しい散歩道は280mほどで終了します。

p1110729

(↑)リッパな歩道の案内板。

p1110730

(↑)真新しい中央線高架橋。(B-3)

この先は境南エリアに入りますが、住宅地と化しています。
秋の陽は短く、あたりも暗くなり始め今日の探査はここまでとしてゴールとしました。

注:(B-4)までのgooglemapラインは私の空想です。

●次ページ:【境村分水 梶野境接続水路について】

投稿日

カテゴリー:

,

投稿者:

タグ: