深大寺用水:辿る編 その4(東堀1)

■ルートマップ(水分かれ→水路トンネル)

※注意:あくまで推定ルートです。

大きな地図で見る

(取材日:2006年4月30日、08年11月30日)
ここからが深大寺用水の本流です。
実は水分かれで本流はいきなり東西に別れます(東堀、西堀と呼ばれました)。
まずは流路が比較的わかりやすい東堀を辿ってみましょう。

流路は、東八道路に沿って東進します。
造園および佐川急便南側を流れ、入間(いりま)川源頭近くで南に進路を変えます。

堀は埋められ歩道となっています。

(上写真)(D-1)南進するあたり、ちょっとした“滝”だったそうで、「どうどう(堂々?)の滝」という名だったそうです。
耳を澄ますとざーーーっと聞こえてきます。(様な気がする)
諏訪神社まで南進します。

歩道が暗渠です。

(↑)諏訪神社手前で進路を東南に変え、

諏訪神社北側(D-3)を進みます。おお、川じゃ??。
ここで現在の「三鷹通り」にぶつかり、道路を渡りセブンイレブン脇を東へ進みます。
流路は入間川(こちらも暗渠)と平行しています。

野ケ谷地区を東へ暗渠歩道を進みます。

フタが暗渠とわかりやすい歩道。
暗渠は続くよどこまでも♪

やがて原山通り(D-5)に出ます。ここから南進します。
ちなみに上写真左側黒フェンス内は調布市の水源井戸です。
通りを渡り、スーパーの東側住宅地を10mくらい行くと、

碑が立った所に出ます。

ここは隧道跡(D-6)で、流路は長さ約179mの水路トンネルを進みますが、この先は中央高速道路のオープンカット部分で道路工事の時にトンネルも埋め立てられた様で往時の姿は全くわかりません。文化遺産なのに残念です。

【辿る編 その5(東堀2)へつづく・・・】(暗渠はまだまだ続きます)

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ: