2月第3週、チャリ通は往路寒く復路暖かい

2月第3週のチャリ通は、火曜と木曜の2往復146.14キロ走行。

冒頭ジジイの自撮り(笑)でたいへん恐縮だが、今年の2月は気候がおかしい。朝は氷点下まで下がるが昼から夜のはじめぐらいまで暖かい。というか「暑い」感じ。

ということで復路通勤時はインナーにダウンベストを着込んだり厚手のグローブ付けたりと真冬装備で走り、復路にそれら防寒装備を仕事場にデポして帰る。

デポ装備は翌日の電車通勤で回収というルーティーン。

しかし昼間に2月で20℃とかって意味が分からん。少年の頃の昭和50年代は寒かったし(ちなみにその頃は冷夏続きだった)。

ただ、陽が延びて夜が暖かいと帰路走もちょっと足を伸ばせるのが嬉しい。火曜の復路は多摩湖経由。

15日の木曜は朝から気温が高く5時台でも薄着で出撃できた。

なおこの日の前日14日、「新所沢街道」東端部、西原自然公園から六角地蔵まで開通した。

これにより、東大農場の先「ひばりヶ丘線」まで繋がったわけだが街道としてはまだまだ途上段階。

「新所沢街道」(新しい所沢街道という名称「新所沢」に行くわけではない)と名乗ってはいるものの、現西端の東村山区間はいまだ未開通で所沢到達(いずれ299バイパスと接続)はおろか埼玉県内区間はなし。東側とて東伏見付近は未開発で新青梅街道との接続は相当先でしょう。

しかし東久留米と東村山は将来幹線道路だらけになりそうだが…

投稿日

カテゴリー:

投稿者: