11月第2週の自転車生活 クマ?カモシカかもね

10月下旬頃入間市まで進出してきたとされる「ツキノワグマ」。


1985(昭和60)年8月、檜原村で撮影

自治体や警察も「ツキノワグマと断定」して要注意を促してはいるが、ここへ来てどうも懐疑的に思えてきた。
読売新聞の記事にも書いてあるが、「カモシカとの見間違い」の可能性も否定できない。

目撃情報は曖昧かつ決定的ではなく、それは「UFOや宇宙人を見た」に近い。
入間市の加治丘陵の場合、秩父奥多摩山域とは辛うじて繋がってはいるが谷間や住宅地は多く、道路や鉄道で “山林分断” されている。

つまり熊が進出するのは障害が多すぎる。「クマが居るか居ないか」の判断は自分はできないけど、状況証拠だけの目撃情報ではやはり信用するに値しないと思う。

ただ行政が「ツキノワグマと断定」していることが問題であってこの部分は「ツキノワグマの可能性もある」で良いと思うけどね。

入間市の熊騒動、近いうちに終息しそうだな。

 

さて11月第2週の自転車生活は、平日通勤2回と土曜に野暮用で仕事場往復のライドで236.33キロ走行。

通勤走、朝は5時台出撃するがめっきり陽が昇るが遅くなり、家を出た直後はまだ真っ暗。

そして土曜は昼前後に走ったが北風ビュービューで寒いくらい。

仕事場での野暮用はホント野暮用ですぐに折り返し帰路につく。

長めに走ったので1回走行距離が84.48キロだった。

入間市からでも赤城山はくっきり見えます。

日曜、三井アウトレットパーク入間までチャリでお買い物に行く。

近場だし渋滞無関係の自転車が機動力抜群。自転車置き場も充実しているので嬉しいですね。

投稿日

カテゴリー:

, ,

投稿者: