入間川養水 概略

調布市を主たる流路にしている「入間川」(読みは、行政名が「いるまがわ」で地域名が「いりまがわ」)。
本河川系が、一部流域でかつて「入間川養水」と呼ばれていたことが各種文献や郷土史から読み取れ、本項目では当該水路を探求してみる。

入間川 中仙川

入間川(三鷹市域での名称は中仙川)は野川の支流だが、かつては多摩川に直接流入していた。

現在の姿は、江戸期から行われた度重なる水路工事や昭和期の暗渠化、河川改修により、小川の姿はもとより流路まで変わり、自然の姿を見ることはできない。
川そのものは自然河川で、その源頭は深大寺東町8丁目とされていまるが、そこから南方475mに位置する湧水池、通称 “釜” が上流部の主たる水源であったと推察される。

流路は、調布市の野ヶ谷地区を東南方向に流れ、中央道付近で大きく東に曲がり、いったん三鷹市中原地区に入って蛇行しながら(北を上として見て、逆S字)南流し再び調布市に戻り、川の名称にもなった入間地区を流れた後、野川と合流する。
中下流域で、国分寺崖線を×の字で横切るため、崖線から清みでる水も集め往時の下流域水量はかなりの量であったと思われる。

「入間川養水」の名称は、入間川からの引き水で周辺水田を潤したことが由来となったと想像できる。
この入間川に沿って、おそらくは弥生時代後期より水田が作られてきたと想像できるが、用水機能としては、推定江戸初期頃からはじまった幕府の農業政策による新たな水田開発のため、現三鷹市中原1丁目で本流より分岐させ、上仙川村、中仙川村、金子村、大町村へ水路導水し、その四ヶ村が受益(というか、地理的にはほぼ金子村のために)したという。

分岐したあとの流路は、明治期の深大寺用水東堀流路とほぼ同じで、東堀の金子村付近では品川用水西分水が再利用された(正式名称は不明ながら文化年間の郷土文書に“根田耕地用水”との記載あり。明治中期に、すぐ西を流れる深大寺用水東堀の水量をさらに補う目的で、新川宿を流れる品川用水を分水し、入間川に注ぎ込んだ(品川用水西分水))。

この補水により、入間川は、本流下流域も含めて、「入間川養水」と呼ばれることがあったと私論ではあるが推察できる。

 

本コンテンツでは、これら入間川水系をまとめて取り上げます。

なお、河川標識などには“いまがわ”とルビが振られていますが、“いまがわ”が正しい読み方です。

【補足】品川用水西分水は、資料によっては江戸期に開削とありますが、どうも合点がいかず、明治時代の開削と推察しました。このことは、近代測量地図を見ると良く判ります。明治13年の測量地図(1:20000迅速測図)では同流路は引かれていませんが、同42年測図(1:20000地形図)でははっきりと引かれているのが読み取れます。

● 次のページ:【入間川の関係史】

注意事項】入間川養水路関連ページは、すべてimakenpressが私的に調べ(文献調査および聞き取りなど)たもので、推測・推理など相当量含みます。歴史的・学術的価値はほぼ皆無ですのでご利用には十分ご注意ください。

引用参考文献:
(1)『調布市史 中巻』調布市、平成4年3月31日年発行
(2)『三鷹市史』市史編纂室、昭和45年11月3日発行
(3)『調布の古道・坂道・水路・橋』調布市教育委員会、平成13年12月10日発行
(4)『写真集みたかの今昔』三鷹市教育委員会、平成12年11月10日発行
(5)『明治前期・昭和前期 東京都市地図2(東京北部)』貝塚爽平/ 柏書房、1996年1月発行
(6)『明治前期・昭和前期 東京都市地図3(東京南部)』貝塚爽平/ 柏書房、1996年2月発行

投稿日

カテゴリー:

,

投稿者:

タグ: