ランドナーレストア再生組立編 ver.1.06

取りあえず満足ではないですがブレーキまで調整済みのノートン君。

さて、工作開始!

 

●マッドガード工作と装着 その2 ―前ガードの製作
前ガードを作ります。
工具は、基本ツール以外に鉄ノコと電動ドリルそれに金属ヤスリ。

鉄ノコはできるだけしっかりしたものを使い、アルミ切断には専用刃を装着するのが望ましいです。
何はともあれ装着後のイメージと簡易的に位置決めを行うため仮にマッドガードを巻いてみます。

うん、更にカタチになってきた!

ガードには複数のネジ穴を開けなくてはならないので、ステーとレストア済みのキャンピングキャリアを仮止めし、アタリを付けガード裏にマジックでポインティングします。

私の場合、穴開け箇所は6箇所。
内訳はステー固定金具用2箇所、フォークとの装着金具用2箇所、キャンピングキャリアとの装着用1箇所、そしてヘッドライト用に1箇所です。

でもって電動ドリルでガーーーーーっと穴開け(作業中、3mmビット1本折れる (^_^;) )。

コツとしては、まず細径のドリルビットで貫通させてから太径に換え拡げていくと簡単です。
(いきなり太径ビットを使うと滑ります。もっとも高速で高性能機なら大丈夫かな)
また穴に通すネジ径より若干小さいビットで開け、バリ取りを兼ねた鉄ヤスリ(円錐型)でクルクル削ると良いです。

穴を一通り開けたの後、ステーの余分な部分を鉄ノコで切り取ります。

私の場合40mmカットしました。
そして金具をガードに取り付け、いぶし銀のフロントマッドガード完成!

ピキーン。(80年代回帰語)

ちなみにレストア前は、チョウネジとカン付ネジを使い前ガードを工具ナシで脱着可能でしたが、すべてボルト締めにしました。

(↑)左から、ステー固定金具、フォーク装着金具、キャンピングキャリア装着用(安定支持)ボルトとヘッドライト金具です(一部古ネジも使用)。
何はともあれ、ノートン君に装着してみます。

ヲヲ ♪ 計算通り。
ホイールを装着して記念写真。

パンパカパ~ン。(80年代回帰語)

よしよしキャンピングキャリヤと相まって良い感じ。
何となく新品のランドナーに見えてしまうのは親心か親バカか!? www

後ガードの製作には想定数時間は要するので、今回はここまで~。
さてと犬の散歩と買い物行こっ。

 

(中休み)を経て・・・ (つづく)

【ノートン号、本記事執筆時点の姿】 前マッドガードの製作と装着完了。残りは後マッドガード、電装系、ペダル。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン