旅の記憶―西伊豆

過去の旅の記録です。
※現在とは状況がかなり違うと思いますので参考にはなりません。

————————————————————-
【計画】輪行利用民宿泊。東海道本線三島駅から西伊豆海岸線を南端石廊崎を経て伊豆急線下田駅まで走る。
【日時】平成3年11月30日~12月1日
【コース】(11/30)輪行→JR三島駅(スタート)市街地を抜け{R414}{県道17号}→戸田→土肥→西伊豆[泊] (12/1)→松崎→石廊崎→伊豆急下田駅(ゴール)
【走行距離】約145km

《11月30日》(天候:晴)
東京駅で走友Mと合流し新幹線『こだま409号』に乗車。
三島9時着、自転車を組み立て9時30分出発。
市街地を抜け、R414を走り沼津へ。
ここから先は西伊豆海岸線を走ることになる。
江浦を通過し、県道に入る。結構なアップダウンだが、今回の装備は民宿利用のため軽く非常に軽快。
戸田に12時30分到着し、食堂にて昼食。

西伊豆は、浦と浦を結ぶ度に峠を通過する感じだ。
土肥へ14時30分到着。
ここには遠縁がおり、子どもの頃よく遊びに来ていて懐かしい。
当地にある土肥金山は、中に入ると真夏でもとても涼しかったのを記憶している。
さらに伊豆を南下し、16時西伊豆に到着し、本日の寝床である民宿へ。
ここはお婆さんが一人できりもみしていた。夕飯の刺身は美味しかった。

《12月1日》(天候:晴)
朝8時30分宿を出る。
昼食に握り飯を頂いた。
西伊豆をさらに南下し、松崎、子浦と進み、妻良へ。

ここで進路を東に向け海岸線を離れる。
石廊崎12時30分到着。
握り飯はとっくに食べてしまったので(笑)、改めて昼食を摂り、下田まで走る。
伊豆急下田駅14時到着。今回の旅を終える。

自転車を輪行袋につめ『踊り子116号』にて東京に帰った。
————————————————————-
西伊豆はアップダウンがあり面白かったです。
もちろん海の幸は美味しかった。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン