【先代写真館―赤城山空風記】2 日記より 昭和15年

写真ではないが、先代が昭和15年の日記に記したイラスト、写真切り抜きなど。
戦前における農村の少年からみた『昭和の世界史』。

(3月23日記 ヒトラー総統 1)

少年期は病気がちで、日記記載の日も体調がかなり悪いらしく、身体が弱いことをかなり悔しがっている。文章とヒトラーは無関係らしいが・・・。
なお父は昭和19年の徴兵検査は丁種で兵役には就いていない。
イラストは雰囲気が非常にでてうまい。

 

(8月26日記 ヒトラー総統 2)

かなりの “軍国少年” だったらしく、ヒトラーに心酔していた。(本人生前談)

 

(3月8日記 ムッソリーニ)

ムッソリーニのイラストもなかなか。

 


(8月28日記 溥儀  8月22日 孫文 徳王 汪精衛)

大陸への憧れもあったそうだ。

 

(4月11日記 尾崎行雄 中野正則他)

尾崎行雄、犬養木堂(毅)、賀川豊彦、永井柳太郎など憲政、農政学に心酔していた。

 

(8月30日記 ルーズベルト他)

旧敵国指導者たち。
“人類の巨悪” と一蹴。


【昭和15年の日記から】

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン