【先代写真館―赤城山空風記】1 大阪・京都・奈良 昭和25年

私、imakenpressの先代である父(大正14(1925)年―平成22(2010)年)が旅をしたときの写真などを不定期upします。
懐かしい昔日昭和の残影です。
ちなみに先代は、私と同じような仕事(編集出版、写真、宣伝広告、怪しい物品販売(笑) etc)をしていて、犬猫好き風来坊で「無鉄砲かつ、いい加減な男」(伯母・叔父談) ww でした。

(昭和30年代、先代夫婦(ともに故人)ポチ(イヌ) 初代みぃこ(ネコ )もいる)

 

——————————————————–

 

(大阪梅田駅)

アメリカ博覧会(昭和25年3月18日~6月11日)開催期間中。

 

(清水寺)

“アイニクの雨” とメモにはある。

 

(嵐山)

ベンチの上に自分のカバンと傘を置いて写真を撮ってしまったらしい。

 

(松坂屋デパートからみた比叡山)

京都の昔日の街並みも情緒ある。

 

(鹿苑寺舎利殿 金閣寺)

舎利殿焼失前の姿。火災が起きたのはこの写真を撮った3ヶ月後。

 

(慈照寺観音殿 銀閣寺)

“庭と寺との一致をねらったのだが、寺の屋根の先端が欠けてしまった”

 

(奈良公園 猿沢池)

“静かな古都奈良! 鹿に驚いた”

 

(橿原神宮)

“皇紀二六百年(注:実際には10年後)、ウネビ(畝傍)山は一きわ神々しく見えた”


【昭和25年4月 先代撮影 大阪・京都・奈良】

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン