その後の深大寺用水

さて、深大寺用水。砂川の取水口から総延長33キロ(東西含む。二次以降分水含まず)の旅をしましたが、実はまだ行っていないところ(国分寺の南北に分かれる水路など〔※2010年11月現地取材しました〕)や調査不明箇所(東堀、野ヶ谷の多段水路、佐須地区の水車導水路跡など)が多数有り、随時調べたり補足訂正したいと思っております。

水路の開かれた時のことは少し書きましたが、その後深大寺用水はどうなったのか?

通水した後、荒地や畑になっていた旧水田の再生や新規水田化を行いました。
分水量は、水田面積の割合から東堀七、西堀三(異説、六:四)の割合で配分され、水田用途以外にも生活用水として住民を潤しました。
また、用水を利用した水車が何基も造られ、生糸の揚げ返しや精穀・製粉に活躍しました。

しかし、時代の流れとともに用水路も変遷していきました。
明治維新後、急速に都市化が進む東京(市)は、当然ながら水が不足し、旧幕時代からの続くライフラインである、玉川上水の給水量を増やすため、二次分水の取水制限をしていきました。
深大寺(砂川)用水も昭和に入った頃には相当水が少なくなっていたようです。

用水路としては昭和27年頃まで機能していたようで、明治中期(?)に結成された「砂川村他七ヶ村用水組合」という上水組合は戦後まだありました。
しかしながら、急速に進む流域の都市化により、上記上水組合は昭和37年2月に解散しました。深大寺用水流域の野ヶ谷、金子、神代などの水田も昭和37年頃から埋め立てられ、団地や宅地もしくは植木畑などに変わっていき昭和40年代には、上水路から排水路として機能は代わり、蓋をされ暗渠化し平成に入った頃には街から姿を消しました。

なんだか寂しい限りです。

これまでのコメント

  1. imakaeru :

    はじめまして。
    深大寺用水について、こんなにもわかりやすく紹介しているページに出会えて、ちょっと興奮しています。

    深大寺に越して来たのは、1年と少し前のことです。
    東京のなかで、市街地と背中合わせにありながら、これほど緑にあふれ、起伏にも富んだ場所があるのかと、すっかり魅せられました。

    もともと、ぼんやり地図を眺めるのが好きで、道を行くときは、以前の様子を示すなにかしらの形跡を見つけるのが、癖ではありました。
    けれども、それは誰もが同じく感じることと信じていましたし、その興味をトコトン追っかけてみようとも、これまでは思わなかったんです。

    そんな私でしたが、この深大寺の魅惑的な環境のなかで暮らし始めたことをきっかけに、もう少しちゃんと調べてみようかなと、思い始めたところでした。
    そして、いま一番の興味は、ズバリ深大寺用水。

    生来の出不精に加え、興味を同じくする同志にめぐまれず、もっぱら机上水路エクスプローラでしたが、これを機に自分の足で歩いてみようと思います。
    素敵なページをどうもありがとうございます。
    これからも、どしどし続編を掲載してください、期待しています!

  2. imakenpress :

    はじめましてimakaeruさん。水路好きのimakenpressです。
    読んで頂いてありがとうございます。
    深大寺用水関係が一番、力を入れているカテゴリーです。(笑)
    今後も調布、三鷹近辺の水路探検に力を入れます!!

    私が深大寺用水のことをはじめて知ったのは小学校の頃で、同地区の歴史風土や地理を学校で学んだのが最初だと思います。
    水路そのものは私が幼少期に目にしていました。当時(昭和40年代末)はまだ開渠されていた所が多数有り、三鷹市野崎八幡東側から北高西の武蔵境通り沿いの水路などハッキリ覚えています。

    私自身も実際にはフィールド調査より卓上エクスプローラの方が圧倒的に多いです。
    図書館で地図や文献を集めて、ネット上の航空写真と照らし合わせ楽しんでいます。不思議なもので航空写真を見ていると水路が浮かんで見えてきたりします。(笑)

    次の調査水路とルートは決めており、まとまり次第記事を載せたいと思っています!

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン