少年倶楽部ヲ読ム 其ノ弐

戦前の少年倶楽部のご紹介、第二弾は記事中の広告。

本誌は、広告が意外と多いことにびっくりさせられます。

では見ていきましょう。


 

sc17

時代が時代だけに軍務関係が多く目立ちます。

 

sc02

鉄道員は当時は花形。国策インフラ事業であるため、文書は上から目線。

 

sc12

漫画家講座の講義録など、いわゆる通信教育の走り。
今も昔も漫画家養成講座は大人気だったのか。
謄写版(ガリ版)印刷機の販売広告も多い。

 

sc05

通販関係の見開き頁。
見ていてワクワクしてきた。
そして私の目を釘付けにしたのは一番左の・・・・

 

sc052

こ、これは!
く、空気銃!しかも少年用の遊技銃!!??
当時の事だから銃の素材は鉄と木なのだろうから見た目も超リアルかな。

sc054

スペックを見ると・・・
ナヌっ、右のはBB弾で左のはツヅミ弾だとぉ。
もちろん両弾とも素材は今とは違うはずだが、意外と歴史あるなあ。

これらを子どもが持ち歩いていたらちょっと引きそう・・・
もちろんサバゲーに使うには超アブナイ。

sc053

『満州国』への持ち込みは禁止。
結構ハイパーなウェポンぽいなあ。

 

sc15

新高(ニイタカ)ドロップの広告。
景品が凄い!! アコーディオンが欲しいなあ。
ニイタカはもちろん帝国統治下だった領土の峰名だと思う。
水兵さんキャラがナイス! ただ軍艦はちょいデフォルメしすぎ。(笑)

 

sc08

sc09

超有名メーカーさんのお菓子は、綴じ込みでハガキ大の広告。
ダン吉が、無実(だろう)な豹を捕まえてお前にはあげないという台詞が腹立たしい。
軍務中の「のらくろ」さんも食べてます。

 

そしてネット上の一部でカルト的人気を誇る、その名も・・・

sc03

『どりこの』

いったいどういう飲み物なのか・・・

今となっては幻らしい。

sc04

青少年が大枚をはたいてまで欲しくなる飲み物・・・
決して美味しそうに感じない語呂の商品名・・・
どうも滋養強壮飲料として位置づけいるらしい。
文書を読むに、運動に効果絶大!!??
ヲヲ 飲みて~~♪

『どりこの』

味とか匂いとか、当時の情報が色々欲しいです。

 

 

これまでのコメント

  1. リバーサイド :

    最初の広告、これを見て海軍や陸軍に志願していったのでしょうか。
    そしてその後の太平洋戦争で・・・ちょっと熱くなってしまいそうです。

    高射砲砲型ペンシルケースや砲弾型愛国貯金箱っていうのも気になるなあ。

  2. imakenpress :

    リバーサイドさん どもです。
    そうですね、この時期に年頃の子たちが少年兵として志願したら、数年後の大戦時に兵役として軍務に就いたと思います。私もこみ上げました。

    戦前でまだ物資に余裕があったのか、景品やら商品やら意外と豊かですよね。しかしこれらを見たら子どもたちは軍事関係に興味抱いちゃいますね。

  3. むめみつき :

    こんにちは!ご無沙汰してます。

    貴重なものを拝見できて嬉しいです。
    わが母校の早稲田速記が広告にあって感慨深いですね。
    豪華景品の数々ですが、アコーディオンを5名様に差し上げるのは
    戦時中で大変なはずなのに、かなり豊かな感じがしますね。
    しかしアコーディオンをもらってもなぁ・・・

    あ、それから「どりこの」ですが、以下のサイトにちょっとだけ
    情報があります。当時の講談社は手広く商売をしていたんですね。
    なんでも「カルピス」に近い味だとか。

    http://www.sakagakkai.org/dorikono.html

    どりこの坂は大田区田園調布にあるそうですよ。

    http://www.maboroshi-ch.com/rep/wal_01.htm

    「どりこの」の名前の由来が面白いですね。

    ではでは~~♪

  4. imakenpress :

    むめみつきさん こんにちは~~。
    あ、早稲田速記! 当時は速記官のニーズも多そうですね。

    どわぁ~~、どりこのが人名からだったとは!!??
    更に坂まであるとは驚き驚き
    (まるで病院坂みたい・・www)

    貴重な情報どーも~~

  5. 郷愁のイラストレーション :

    はじめまして
    私も少年倶楽部などの、古い雑誌を見るのが好きで、
    集めたりもしています。
    この頃の雑誌広告は、レトロ感があって、
    面白いですね。
    わたしも、田園調布の、
    どりこの坂に行ったことがあります。
    どんな味だったのでせうか。

  6. imakenpress :

    郷愁のイラストレーションさん
    imakenと申します。こんにちは。
    ですよね!
    当時の雑誌はデザイン、カラーリング、イラストタッチなど素晴らしいです。
    私も業界の端くれ人として当時の書籍を収集しデザインやイラスト類の参考にしています。
    どりこの。飲むと元気百倍になりそうで虚弱な私は飲みたいです。
    郷愁のイラストレーションさんのブログ、ただいま入ってみました。
    素晴らしいモノがいっぱいですね!!!
    じっくり拝見させて頂きます。(軍事関係のイラストは私、ググっときます♪)

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン