多摩川スカイブリッジを渡る

3月12日に交通開放され、羽田空港と川崎市を結ぶ橋梁として完成した「多摩川スカイブリッジ」を20日の日曜午後に自転車で渡ってきた。

そして特筆すべきことは、「自転車も走れる」こと。渡るしかないでしょ。

ULTIMATE号で川崎側右岸多摩サイを河口方面へ。六郷付近からサイクリングロードがいったん途切れるので、河口まで行くときは多摩大橋から多摩沿線道路と太師道(R409)に入るのが自分的にはデフォルト。

自宅から34.57キロ、1時間16分で川崎側にトウチャコ(途中でパワーメータの電池が切れコンビニで該当のCR2032を買う。このパターン多し)。

浮島通り北側にある殿町通りから自転車を降りずにそのまま橋を渡れる。楽チン。

まずは川崎側プレートでパシャリ。真新しいなぁ。

歩行者・自転車・自動車分離型レーンでそれぞれストレスなし。

おっバス。まだ路線開通前じゃなかったっけ?? テスト走行かな。

自転車レーンは完全一方通行なので対向も生じない。今のところみんなルールを守っましたね。

上流側を見る。あいにくの曇天。

そして羽田側へ。こちらは環八の真上なので自転車は階段かエレベーターで降りる。面倒だな〜。

↑ 眼下が環八。(河口方面)

折り返して再び川崎側へ。

おっとその前に。

羽田側プレートでパシャリ。

河口からいちばん近い橋となり、川崎側に向かう橋上から見る景色は東京湾。飛行機もバンバン飛んでいるので見ていて飽きない。

川崎側に戻り同じく右岸多摩サイなどを使って帰路へ。

70.31キロ走行。基本的にポタリングではあったが、163.9TSS/1,555Kjとそこそこトレーニングにもなった。

 

 

 

 

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン