と言うことで呑川上流部に行ってみた

前回ブログ記事で取り上げた「呑川ポタ」、その時の上流部遡行でルートを間違え、本流ではなく「柿の木支流」へ行ってしまったのでそのリベンジをした(まぁそんなに大げさではないけど(笑))。

平日16日水曜の朝、ちょっと早めに家を出て軽め練習後の仕事前、スタート地点の目黒通り中根橋跡(都立大学交差点)へ。


欄干は残っているが人通りが多く写真は撮っていない

何度も通り抜けている目黒通りで、この暗渠も知ってはいたけど、こっちが本流だったのね。(笑)

「駒沢支流」分岐点付近。写真は先が下流(東)。

暗渠は自転車置き場や緑道公園になっている。

↑途中に出くわす「橋跡」。名称はモニュメントとして残っている。河川であった証拠ですな。

そして橋は古い欄干そのものを保存している所も多い。

深沢学園通りとの交差。(下山橋

“昭和十二年七月竣功(工)”

“志もやまばし” (下山橋)と読める。

そして駒沢通りを越えると「呑川親水公園」となり、開放水路が現れる。

写真は上流方向(北)で、左手には「日本体育大学」。

水はきれい。

ここから源流部までの870メートル区間が開渠された水路ではあるが、常時放水しているわけではないらしい。

ザリガニがいるそうな。

ほどなく玉川通りR246にぶつかり「呑川源流」に再びトウチャコ。

せっかくなので246の反対側にも行ってみた。

そこは昔ながらの「ドブ川」が安全フェンスで覆われ一部分開渠されている。

ちょっと痛い…

橋だった跡も残ってはいるが、ゴミ捨て場だし「遺構」とは言いがたい。残念だ。

“しんさくら橋” と読める。

さらに北(桜新町駅方面)へ流路は伸びている。

暗渠は住宅地に面している。

その暗渠は230メートルほどあり、ここで終わっていて、実際の源頭部は今となっては一切分からない。

ここを呑川遡行の終着点としておこう。

【呑川最上流部遡行ポタ】
中根橋跡→桜新町、走行距離:3.81キロ(R246迂回含む)

 

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン