コロナワクチン2回目接種後の1週間の自転車練習

1回目のコロナワクチン接種に引き続き2回目の我が状態。備忘録として。
10月2日にコロナワクチン(ファイザー、打ち部位は左肩)の第2回目をクリニックで個別接種。そしてその後。

  • 当日:倦怠感、熱なし。打ったところにちょっと痛み発生。1回目よりぜんぜん楽。【体温】夜36.5°
  • 翌日:ちょっと痛み。倦怠感なし。体が熱く感じる。夜微熱。【体温】朝35.6、夕36.4°(微熱発生。自分の平熱は低く35.7°ぐらい)
  • 翌々日:痛み減少。倦怠感なし。体熱い夜微熱出て鎮痛剤(ノーシンピュア)服用。【体温】朝35.4°、夜36.5°、就寝直前36.8°
  • 三日後:起床後頭痛でノーシンピュア服用。痛みさらに減少。熱さはあまり感じなくなる。ちょっと疲れやすい。【体温】朝35.8°、夜35.4°、就寝直前36.4°
  • 四日後:痛みほぼなしだが部位がやや痒い。疲れやすい。喉が渇く。【体温】朝35.4°、夜35.3°、就寝直前35.8°
  • 五日後:起床後頭痛でノーシンピュア服用。痛みほぼなしたまに痒い。朝疲れてる。喉が渇く。【体温】朝35.4°、夜36.3°、就寝直前36.4°
  • 六日後:痛み痒みほぼなし。朝疲れてる。喉が渇く。夜微熱。【体温】朝35.9°、夜35.6°、就寝直前36.4°
  • 七日後:朝の疲れはなくなりつつある。

という結果で、打った直後は「あれ楽?」かと思ったのだが、だんだんと副反応らしきものが出てきた。

そして今回も自転車乗りから見てみる。

  • 当日:会場のクリニックまでグラベルマシンで行く。行きは最短コース3.4キロだが帰りは9.9キロ(ちょっとグラベルも)ゆっくり走ってみた。調子は良い。
  • 翌日:日曜日。全日休む。
  • 翌々日:グラベルマシンでゆっくり走る。64.13キロ/1day。本調子ではないが走行支障なし。
  • 翌々日:ロードバイクでゆっくり走る。61.60キロ/1day。本調子ではないが走行支障なし。
  • 三日後:グラベルマシンでゆっくり走る。69.38キロ/1day。走行支障なしだが少々疲れてる。
  • 四日後:グラベルマシンで走る。65.84キロ/1day。疲れはあるが調子戻る。
  • 五日後:ロードバイクで走る。62.09キロ/1day。疲れはあるが良好。

のような感じで強度を入れなければロードもOKだった。

ただ、1回目の時もそうだが、タイヤの細いロードよりグラベルバイクでエアクッションを効かせながらゆっくり走る方が体には優しかった(とうぜんだろうけど…)。
それと、強度を入れると「心筋炎」発症の危険性がはらんでいるから無理は絶対禁物だと思う。

平日練
(10/4〜8 5days):12:13’50 720.5TSS 6,927kJ
ATL:105 CTL:95 TSB:-10

そして1週間後の土曜(この記事書いている日)は全休としてひたすらの昼寝モードとした。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン