レアもの!?

新たなデザインサンプルを入手しました。

えーと、古い定期券なんですが・・・(あ、つまらないですか?(笑) いえいえ最後まで見てください)

古い定期券

上の写真を見ての通り、IC式ではありません。

しかし、そんじょそこらのモンではりません。

実は実は

じゃ~~ん。

teiki04a

で、でました~~。

地球・金星間で乗車できる定期。(爆)

 

これ実は、32年前、当時小学生のときに“宇宙博”で買ったお土産。

たぶん『銀河鉄道999』のパクリかと思われるモノデス。

ちなみに999号の定期は以下のような感じ。(模写拙作、松本先生無許可でゴメンチャイ)

999号

う~む、似てるなあ。

けど、この宇宙博定期、金星までで経由も月のステーションという結構現実的な設定がニクイ。

 

ちょっと面白いので、定期入れに入れてみたけど、

入らない ちょっとでかい

いまのIC系より大きく、うまく入りません。(涙)

 

で、「この宇宙3年っていつだ??」という疑問が・・・

答えは意外と簡単で、定期の裏に記載されています。

定期裏

一行目にハッキリと明記されています。

宇宙元年

そうです。

1978年が宇宙元年』
(「ホントかなぁ・・」 by ちょっと信じた小学生時のimakenpress)

宇宙博を開催した年みたいです。

 

この二行目も笑える。

『国鉄に乗らないでください』
(「そりゃのらねーよ」 by そこまでバカじゃない小学生時のimakenpress)

 

 

この宇宙博定期子ども時分わたくし当然ながら友達に見せびらかせました。

でも、この玩具を企画制作した方々は子どもが見せびらかすことを懸念したのでしょう。裏面4行目に・・・

自慢自慢

そうだよそうだよ当時も笑われたよ。

「あはは、これで国鉄になんかのらねーよ」

と笑っていましたが、この一文通り自分が笑われていました。

 

あ、今もこの場で同じ事を・・・(汗)

四十を越えたオッサンの今でも変わらないimakenpress。

 

しかし当時は気がつかなかった、最後の行に書かれてる『ムーンスティション』という言い方、結構シュールでフューチャー。

teiki08

これまでのコメント

  1. むめみつき :

    imakenさん、こんにちは。

    宇宙博!!!懐かしいですね~。
    私も子ども会のバスハイクで行きましたよ~~
    当時は小学1年生でした。親が付き添ってくれました。

    アポロ劇場でアポロ月面着陸の再現劇を見て妙に感心したもんです。
    (だって無重力状態を必死に演じているわけですから)
    あとは船の科学館で「月の石」を見たのは覚えています。
    当時は“わぁ~すごい!!”なんて素直に思ってましたが・・・(苦笑)

    32年前の品物を大事に取ってあるのってすごいですよね。
    “ムーンスティション”もそうですが
    子供のおもちゃとはいえ“じまんげ”って平仮名なのがもう・・・www
    それと“駅弁、ジュースの持ち込み禁止”って・・・(^^;
    ちなみにその定期は金星にしか行けないんですよね。
    どうせなら宇宙を全部回れるくらいスケールが大きいとよかったのに。

    宇宙元年(1978年)から32年ですが、地球に住む宇宙人もだいぶ増えたようですよ。

  2. imakenpress :

    むめみつきさん こんばんは~。
    連休、お彼岸で金星のお寺に行っていました。www

    えーと、宇宙博の思い出・・・
    月の石、私も長蛇をならんで見ましたっけそういえば。
    あとは、広場にあったサターンロケットが印象的。

    え!?宇宙人居住者増えましたか!!
    やはり、エリア51に代表されるように、宇宙人のことを“政府は隠匿”しているのかな??(マジこのネタ好き)

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン