レースないし、尾根幹へ

豪雨翌日の26日土曜、天気は好転したし、日曜のレースはキャンセルだしで尾根幹とG坂へ練習に行った。

悪天候の後だが尾根幹方面は問題なく走れた。また、ロード乗りもいっぱい繰り出していた。

10/26(尾根幹):
西行き(稲城市役所西→小山):13.15km
26’42 AV129bpm AV238W(3.92W/kg) NP286W Cadence AV76rpm
———-
東行き(小山→稲城市役所西):13.26km
24’08 AV138bpm AV181W(2.98W/kg) NP231W Cadence AV74rpm
———-
G坂:1本のみ:0.74km
2’49 AV145bpm AV297W(4.89W/kg) NP309W Cadence AV81rpm

データを振りかえると、ジャイアンツ坂Vロードの登りは5月2日以来だった。

10/26(丘陵練):1:48’15 154.5TSS 1,168kJ
ATL:98 CTL:99 TSB:1

次のヒルクライムレースは、今のところ来年の4月になりそうなので、冬を越え当分先だが、走っておかないとぜんぜん登れなくなってしまうので(マジで)練習はしとかんとなー。

 

話変わって機材関係。
メインマシンのCanyon ULTIMATEフレーム、乗り始めてそろそろ丸2年で走行距離は2万4千キロ。先代のFocus CAYOは2万6千キロ走った。そろそろ次のフレームの模索時期ではあるが、キャリパーのまま行くかディスクにするかが大問題。


最晩年のCAYOさん

キャリパー仕様のCanyonフレーム(しかも同じULTIMATEであれば、おっと最近のはジオメトリーがちょっと違うぞ!)ならあまり考えず安く簡単に交換はできるけど、時代はディスクだしなー。

どこかに金のなる木ないかね。www

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン