6月最終週の練習 追い込めず

戦後ヒルクライム甘利山まで2週間切りの週は追い込めなかった。今年の梅雨は梅雨らしい空模様で雨ばかり。

6月最終週平日に外走できた日は4日間で260キロ(ロード2日、CX車2日)。予報だと晴れは2日間だけだったから走れた方だけど…
うち、山練は26日朝走のみで57キロの丘陵走。また、27日の夜は雨で短時間走、翌28日の夜もルーチン走ながら雷雨に見舞われた。ホント雨多し。

26日の丘陵練は連光寺へは行ったが、表坂ではなく、関戸橋から聖坂経由で天国尾根までのやや長い坂での甘利山イメージング。
とは言っても1本の高低差100mで10分の登坂だから微々たるもん(それでも表坂の倍距離)。多摩丘陵ではまだ長い方。

平坦練はいつもの多摩サイなどを使った63キロ/1dayルーチン。雨予報だった木曜と金曜は35Cを履いたVITUS号でギシギシ走る。足回りは重たいからそれなりに脚力強化にはなる(と思う)。ただ意外と巡航速度はULTIMATEより1km/hちょい低いだけであまり変わらない。

平日練
(6/24〜28 4days):9:42’14 601.5TSS 5,439kJ
ATL:107 CTL:106 TSB:-2

来月7日の戦ヒルは天気予報だと「雨」。土砂降りでなければ、雨が筋肉を冷やしそこそこ気持ち良く走れるとは思うが、待機と下山は寒いから嫌だな。
特に雨の下山はダメだ。若い頃は雨の峠道とかも平気で下れたけど、動体視力衰えた五十路の老眼の身には辛いッス。

 

おまけ今日の補給食

金曜朝、あまりに蒸し暑いので練習後これを飲んだ。

新製品「がぶ飲みソーダフロート」。のど越しはスッキリ系で文字通りがぶ飲みできた。
しかし不思議なもので、断酒(2010年)以前は夏はビールじゃ〜チューハイじゃ〜ハイボールじゃ〜だったけど、今は酒を飲みたいとは思わなくなった。その代わりもの凄い甘党へ変質。良いんだか悪いんだか。w

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン