5月第5週の練習

ハルヒル後は次戦「戦国ヒルクライム甘利山」(略すと戦ヒル?甘ヒル?w)へ向けた練習へ。

甘利山は距離こそ11.7キロだけど、標高差1138m平均勾配9.8%という凄まじい急勾配レース。序盤で飛ばすとオールアウトしそうなので、ペース配分が肝になりそう。イメージとしては和田峠のバス停からピーク(3.6キロ)の3倍距離ってところか(辛そうだ)。それを余力を保って登るイメージだろうか。

和田は最速で16分50秒台なので、これに遅いペース配分を加算し3倍にすると54〜55分。そしてプラス1キロで59分くらい。目標60分か??

ただ、直近5月最終週の練習の方は、あまり走れなかった。
雨勝ちな天気だったことと、飼い犬の「ももこさん」が急性胃腸炎に罹り動物病院へつれて行ったりで、実走距離は短く山練も金曜の夜のみだった。

平日練
(5/27〜31 5days):11:52’11 763.5TSS 5,917kJ
ATL:120 CTL:112 TSB:-8

パワメ算出データは、非搭載分があるので仮想データ値だが、「人間センサーw」にてだいたいこんなとこだろう。

5月の走行距離は1,310.17キロ(前月比▲24.67キロ)だった。6月は仕事の関係上レース無し月なので練習オンリーだけど、梅雨に入るだろうから、外走は1000キロ走れなさそう。

———————-

話は違うが、我がフィールドの川崎近辺は例の事件にてたいへんなことになっていた。事件当日の朝、ちょうどその時間登戸の水道橋近辺を流していた。やけにヘリコプターが多いなとは思っていたが、取材ヘリだった。


5月28日朝 @登戸

無差別殺傷行為(一種のテロだ)はいつどこで起こるか予測できない(最近多い暴走自動車事故もそうだ)し、一般人がその場で対処することも不可能に近い。誰しも遭遇の可能性があるわけでひじょうに怖い世の中だ。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン