ハルヒル後練 次戦は

今年もハルヒルが終わってしまった。ほんとうに1年はあっという間に過ぎ去って行く。もちろん来年も出るでしょう。

振りかえると、改めてハルヒルって楽しいイベントだ。高崎市の皆さん総出で盛り上げてくれている。市民の認知度も、もの凄く高い。出場する選手としては「ほっこり」してしまう。
とにかく細かいところまでスタッフさんたち(ほぼボランティア精神なんですね。お疲れ様です!)が全力でサポートしてくれて、何度も書くけど、地域振興型イベントの大成功例だと思う。

しかし一方、地方にてハルヒルと同じようなヒルクライムイベントを開いてみたものの、「思ったより人が集まらない」、「お金も落ちない」などの理由から長続きしない大会も多い。自分が出ていたヒルクライム佐久大会も2019年は開かれない(もちろん理由は道路使用許可などいろいろあろうが)。

 

さてそのハルヒルのレース自体、とうぜんながら全力で挑むわけだが、なにせ1時間程度の短い競技だからTSSを見てみると本戦で85.3と平日の練習量より少なくデータ的にはさほどではない。アップや下山など入れた2日間の運動量も1,094Kj程度。だから自転車での疲労は少ないが、輪行袋を背負っての階段上り下りなどがえらく疲れる(自転車乗りは歩くのが億劫なのだw)。

と言うことでレース明けも、次戦に向けふつうに練習。

ただ、24日と25日は雨(しかも25日は嵐!)で自転車に乗らなかったので、結果疲労メーターはゼロ校正された。その後3日は平坦(64キロ)・軽い山とやや長(82キロ)・平坦(64キロ)。

平日練
(5/22〜24 3days):7:54’03 537.9TSS 4,426kJ
ATL:113 CTL:112 TSB:-1

結果から見ると2日休んだし軽めだった。で、冒頭書いた次戦は…

これ走ってきます。
ここの南側、夜叉神峠は若い頃何度か登っているが、甘利山は初めての山で初参戦レース。天下轟く激坂らしく、垂涎!?w

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン