平日練と「働き方改革」を考える

箱根ヒルクライムを53分でゴールし、2018年のヒルクライムレースはお終い。

次のレースは冬を挟み来年の春か初夏ではあるが、この時季に体力とか地力を着けておかないと齢五十、直ぐに衰えてしまう。つーこって練習は継続。

平日練
(10/24 1day):2:33’47 136.8TSS 1,265kJ
(10/25 1day):2:56’36 159.7TSS 1,451kJ
(10/26 1day):2:22’43 121.1TSS 1,136kJ
ATL:95 CTL:94 TSB:-1

全て街道練。朝走は多摩サイ〜中原街道がトレンドで25日は原稿運びの「業務移動」込み。

 

話変わって「働き方改革」。
最近、ちょっと仕事関係でこのキーワードがらみのことをやったのだが、この「働き方改革」を自分にあてはめて考えてみた。
総括するとわたしの経営する会社には直接的には無関係。だって会社は株式会社と冠はかぶっているが、わたし入れて所属2名従業員0人の実質的個人事務所で、残業や有給、出勤退社時間という概念はないし労災も無関係、仕事があれば納期までにこなさなければならず、なければ何もしない(できない)フリーランス業。
このブログ上では書きにくいが、「改革」のために放棄された業務のしわ寄せは我々のような2次以下やサービス業、そして非正規雇用労働者、はたまた大手企業だって管理職が受けることになる。
政府よお願いだから一部のみ対象とした優遇制度は止めてくれ、また消費税増税も頂けない。経団連のトップが歓迎するコメントを言っていたが、バカか?
結局「働き方改革」って国民大半が無関係なのかなって気がしてならない。「プレミアムフライデー」と同じくやがては有名無実となるのではなかろうか。

 

【閑話1】
ガーミンEdge 520Jのヤツが再びフリーズしやがった。

26日の夜走、事務所からの帰宅時、砧の環八交差点を越えた当りでコンプリート。強制再起動後データは保存できたのでロストはしなかったがこの約1か月間で2回目と頻度は高い。2年で逝くには早いぜダンナ。

 

【閑話2】
10月14日の夜から続いている「口内炎」は27日土曜現終息へ。先日たまたま歯の3ヶ月定期検診(アスリートは必須ですぜ)のため歯科医院へ行ったとき処方してもらった「アフタゾロン」というステロイド抗炎症軟膏を患部に塗ったところ速効で炎症が引いた。

まだ熱い物の飲食時に多少しみるが痛みは完治した。箱ヒル前に欲しかった。(^_^;)

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン