疲労データとリカバリーライド

今年もあっという間に佐久ヒルが終わってしまった。そして秋は深まり冬となる…

レースは秋雨時季の隙間の晴れだったみたいで、信州も関東も今週は再び雨勝ちな日々が続いている。元来雨漢(おとこw)を自称していたが、ことレースに関しては土砂降り雨は未経験。ウンが良いのか。

 

今回のレース(遠征)、疲労度をデータから見ると、パワーメーターから得られた純粋な指数としては、

(レース以外含む)143TSS ALT72 CTL92 TSB21(練習前30)

と言う結果で、レース前に追い込んでいなかったことからも、TSBはプラス21で疲労度はかなり低い。ただ、GARMIN Edgeのリカバリーアドバイザーによると、

久々のレッドゾーンで回復まで62時間もかかるそうだ。おいおい、ちょっと長いだろう。
また、同じくGARMINのvivomoveのストレスを見ると、

33という数字の意味はよく判らんが、やっぱし多少ハイペースだった模様。

 

という事で、レース翌日の月曜は自転車に乗らず運動らしいことはせず、仕事して過ごす。そして2日後の火曜はリカバリーライド。

負荷をかけず回すだけのサイクリングモード。

9/11
(朝走):1:27’47 85.3TSS 664kJ
(夜走):1:04’07 78.6TSS 568kJ
ATL:76 CTL:92 TSB:16

今後のレースはまだ未定ながら、シクロクロスを楽しむのがやはり秋から冬の王道なのかな。

ps、9.11か、あの衝撃のTV映像(ちょうど自宅に帰った時だった)を観てから17年ですか…

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン