ハルヒル2018 参戦記

ハルヒル2018榛名湖コースに参戦。結果から言うと、

111位で50分切り達成!48:48で111と数字のキリがえらく良いのもgood(笑)。

 

それでは私的レポートでも。

5月20日(日)、今年もハルヒル2018榛名湖コース(男子40歳代の部)に出走。
前日の土曜が受付日なので当然のごとく現地泊まり。13時過ぎの新幹線で高崎入りし市内ホテルへ。

高崎ダルマさん。デフォルトな撮影ポイント。

宿泊先は、昨年とは違うホテルだったが、同じように自転車を室内に入れられた。また同宿人たちはほぼすべてハルヒル出場者だった模様。

そして定石ながら、ゼッケン付けやらチップ装着など明日の準備を直ぐに行って、明るい時間のうちにパンなど炭水化物系な夕飯を摂り早めに就寝するも、こちらもいつものごとくアドレナリン全開で眠りは浅かった。(涙)

レース当日は2時10分起床。浅い睡眠ながらも目覚めはバッチリ。バナナとパンをエネルギージェルで流し込み、高崎駅から出るシャトルバスに3時30分に乗り込み榛名体育館へ。今年もバス内では眠くならなかった(ここで寝たいのだが…)。

なお今年は天気は晴れながら気温15度以下で寒く、待機中は手脚ウォーマーとウィンドブレーカーで防寒武装(出走前これらは下山装備に入れ預けた)。ソイジョイ1本とアミノバイタル のゼリードリンクを食べて腹ごしらえし、自分が出走する第4ウェーブの順番を待つ。


えっと…下品ながらバイク、何十億円ぶん!?

今年も年明けからシクロやらヒルクラに出てはいたが、やはりメインターゲットはハルヒルで、それを見据えた練習をあれこれ行い、平均パワーも上がった。そして目標タイムは昨年より縮めるよう50分切りとしていた(いちおうw)。

●事前のレース想定走行データ(計測区間距離16.1キロ)
タイム:0:50(予定平均速度19.3km/h) 平均出力:276W ケイデンス:75rpm 平均心拍:142bpm(Max76%)

予定時刻となり、スタートラインに移動し、ナイスキッドの放つ号砲によりレース開始。今回の付き位置はウェーブ中間やや前。
去年は逃げたが(笑)今年は先月のHINODE同様、序盤飛ばさず、グループを渡り歩くコバンザメ攻撃とし、緩斜面の登坂区間ではできるだけ体力温存を行い後半のキツイ九十九折りでがんばる作戦にした。また、中間平坦部は心拍とパワーを見て増速しタイム短縮を行った。

スタート40分後、九十九折り(右に8旋回)区間に突入。ここでは先般導入したリア30tギア(11-30t)が威力炸裂。斜度がさほどキツくない区間でも心拍が高めになれば、ケイデンスを落とさないでインナー(36t)×30tに入れ脚を残した。それとエネルギージェルを摂りチャージングした。1時間程度のレースで初めて補食し、どんなもんだいと試した感じ(重いだけだったかも(笑))。

そしてラスト3右カーブあたりから同じぐらいの速度域でペーシングしているTrek乗りの人がいて、その人とともに天神峠ピークの計測終了地点に滑り込んだ。

 

計測結果…

目標の50分切りをクリア。昨年と比較すると平均パワー37W増、同心拍数71bpm減。TSS、運動量ともに若干マイナス。回転数は1つ上がっただけなので同じと見て良し。

●リザルトと計測値
男子40歳以上~49歳以下の部、ゴール1715人中111位
計測チップタイム:0:48’48.894
以下サイコン値
TSS:95.3 平均出力:256W(4.30W/kg)最大出力:749W(13.39W/kg)
最大平均パワー(20分):258W(FTP247W)
平均速度:18.0km/h ケイデンス:77rpm 平均心拍:87bpm 運動量:749kJ

やはりFTP値も上がったしトレーニング成果が出た。そして出力の割りに心拍数が低かったのは、まだ余裕があると見て取れるし、低いギアを効率的に使った結果ともとれる。

ゴール後は、身体を冷やさないように直ぐにウォーマー類を着て(8時の榛名湖は9度ほど)、例年通りピットで長々と待機、10時ごろに自走下山を開始した。今年は危険な超速無謀野郎は自分のウェーブにはいなかった模様。

無事体育館に下り、小学生?が操作するPC/プリンターから出力される完走証をもらい、地元おばちゃんの煮込んだなめこ汁を食べシャトルバスで高崎駅へ13時に戻った。そして宿に預けた遠征荷物を受け取って新幹線輪行にて17時に自宅へ帰り着いた。

今のところ次のエントリー済みレースは、間があいて9月の佐久ヒル。こちらは20キロのダラダラ坂が続くコースなので、自分的にはハルヒルよりかなりキツく感じる。狙い所を定めてトレーニングを開始しよう。

 

【使用機材】

フレーム:Canyon ULTIMATE SL
コンポ:R8050(レバーのみ68)
フロントギア:52-36t リアギア:11-30t
ホイール:Fulcrum Racing Zero Nite C17 タイヤ:GP4000SII 25C(前後7気圧)
パワーメーター:GARMIN vector2s

また、今回のレースで導入した新兵器。

シマノカスタムフィットインソール。既に旧製品だが問題は特にない。自身の足形に熱成形するのでフィット感は抜群。ただ、扁平足気味な自分には土踏まずアーチパッドを入れずに履いた方が圧倒的に楽だった(レース後にそうして再認識(笑))。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン