昼マッド 単品で

土曜日の昼下がり、マッド練をすべく多摩川河川敷に出向く。

シクロクロス東京まで1か月を切っているけれども、まったく練習できていない。
レースで少しでも走ることを目指したいが、技量不足なシロートはニッチもサッチもいかん。CXってばロードとは違う種のチャリand競技だから何もかもが上手くイカン。なので泥んこ(だけじゃないけど)を走るしか手立てがないけど、これって平日の事務所行き道中では無理(難しい)。だからオフの日に “単品” で練習するのが得策。終わってから洗車しないといけないし…

稲城大橋から狛江ダート(の堤の下)、ニコタマ手前までのダートの往復コース。

1/13(CX朝走):1:20’49 Power DATA : n.a.
ダート練習区間:47’27 16.14km

多摩川河川敷を走る事務所行き “セットメニュー” ではなく、“単品” CX練だと往復できるので倍の距離を走れる上(通勤を兼ねると、夜の帰り道が全区間舗装路走行で面白くない)、アプローチも短くて済む。

このGTの機材は、チェーンリング以外お古や流用ばっかりの構成だから色々とトラブルが多かった。しかしながら今回それらが一気に解決した模様。

(1)TRP CX9フロントとシャマルミレの相性。“効きと音鳴り”  → 急角なトーアウトで解消っぽい。
(2)シャマルミレのフリー違和感 → グリスアップ&ロックナット増し締めで解消っぽい。
(3)変速機のキレの悪さ → テンション調整で解消っぽい。

ほんとうはカーボンフレームのディスクブレーキ仕様車を組んで新規導入すれば良いのだろうけど、それじゃあまりに節操ない。ここはやはり、マシンいじってチューンしてお古でがんばろう。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン