入間川養水 概略

入間(いりま)川養水なる水路名は過去も現在も正確には存在しません。
しかし、現在の調布市を北から南(途中三鷹市内に入る)に流れる入間川の流域で一部“入間川養水”と呼ばれたことがあったそうです。

入間川 中仙川

入間川(三鷹市域での名称は中仙川)は野川の支流ではありますが、かつては多摩川に直接入っていたようです。
現在の姿は、江戸期から行われた度重なる水路工事や昭和期の暗渠化、河川改修により、小川の姿はもとより流路まで変わり、自然の姿はほぼ見ることができません。
川そのものは自然河川で、その源頭は深大寺東町8丁目とされていますが、そこから南方475mに位置する湧水池、通称“釜”が上流部の主たる水源であったと推察されます。
流路は、調布市の野ヶ谷地区を東南方向に流れ、中央道付近で大きく東に曲がっていったん三鷹市中原地区に入り蛇行しながら(北を上として見て、逆S字)南流し再び調布市に入って、川の名称にもなった入間地区を流れた後、野川と合流します。
中下流域で、国分寺崖線を×の字で横切るため、崖線から清みでる水も集め下流域での水量はかなりあったと思われます。

入間川養水の名称は、入間川からの引き水で水田を潤したことが由来となったと想像できます。
この入間川に沿って、おそらくは弥生時代より水田が作られてきたと思われますが、推定江戸初期頃からはじまった新たな水田開発のため、三鷹市中原1丁目で本流より分岐させ、上仙川村、中仙川村、金子村、大町村へ水路導水し、その四ヶ村が受益(というか、地理的にはほぼ金子村のために)したそうです。
分岐したあとの流路は、後の深大寺用水東堀の流路とほぼ同じだったそうで、東堀の金子村付近の流路はこの品川用水西分水が再利用されたようです(正式名称は不明ながら文化年間の郷土文書に“根田耕地用水”との記載あり)。

また、それよりずっと後の明治中期に、すぐ西を流れる深大寺用水東堀の水量をさらに補う目的で、新川宿に流れる品川用水を分水し、入間川に注ぎ込みました(品川用水西分水)。

この補水により、入間川は、本流下流域も含めて、入間川養水と呼ばれることがあったそうです。
本コンテンツでは、これら入間川水系をまとめて取り上げます。

なお、河川標識などには“いまがわ”とルビが振られていますが、“いまがわ”が正しい読み方です。

【補足】品川用水西分水は、資料によっては江戸期に開削とありますが、どうも合点がいかず、明治時代の開削と推察しました。このことは、近代測量地図を見ると良く判ります。明治13年の測量地図(1:20000迅速測図)では同流路は引かれていませんが、同42年測図(1:20000地形図)でははっきりと引かれているのが読み取れます。

 ● 次のページ:【入間川の関係史】
 

注意事項】入間川養水路関連ページは、すべてimakenpressが私的に調べ(文献調査および聞き取りなど)たもので、推測・推理など相当量含みます。歴史的・学術的価値はほぼ皆無ですのでご利用には十分ご注意ください。

引用参考文献:
(1)『調布市史 中巻』調布市、平成4年3月31日年発行
(2)『三鷹市史』市史編纂室、昭和45年11月3日発行
(3)『調布の古道・坂道・水路・橋』調布市教育委員会、平成13年12月10日発行
(4)『写真集みたかの今昔』三鷹市教育委員会、平成12年11月10日発行
(5)『明治前期・昭和前期 東京都市地図2(東京北部)』貝塚爽平/ 柏書房、1996年1月発行 
(6)『明治前期・昭和前期 東京都市地図3(東京南部)』貝塚爽平/ 柏書房、1996年2月発行

これまでのコメント

  1. HONDA@東京の水 :

    こんばんは、入間川瀁水については、私も矛盾だらけだったり断片的だったりする史料をひっくり返しながらここ2年ほどいろいろと考えているのですが、どうも入間川瀁水イコール品川用水の母体になった「仙川分水」そのものと考えるとしっくりくるように感じています。ついつい仙川という名前に引きずられて仙川分水は仙川への分水だと考えてしまいますが、実はこれ、仙川村のことなのではないかと。仙川分水の名称は正式には四か村分水、つまり上仙川、中仙川、金子、大町への分水ですが、これらは「品川用水西分水」とも言われている区間と、入間川の中原より下流の西側水路、そして深大寺用水東堀の甲州街道沿い以降の区間でカバーできます。一方、仙川から中仙川村、金子村、大町村に水をひくことは不可能です。また、品川用水が仙川分水からの分水であったことははっきりしています。また、明治以降に仙川分水から仙川に水が引かれたような解釈ができる史料もあります。順序として仙川分水(入間川への引水)→品川用水→(入間川への分水の途絶)→深大寺用水→(入間川への分水の復活)→仙川への引水→品川用水の廃止に伴う三鷹用水への名称変更、といった流れではないかと推測しています。

  2. imakenpress :

    tokyoriverさん貴重なコメントどうもです!
    ほんとうにこの仙川(丸池)周辺は水利権や地形がかなり複雑で、郷土資料ですら内容がかなりバラバラですよね。特に水路名称がその土地の通俗名が書かれたりして、同じ通俗名ながら違う水路も多々あります。
    仙川分水。なるほど土地の名前に当てはめるとしっくり来ますね。しかも品川用水が開削済みの仙川分水(玉川上水取水→新川宿→入間川)から新川宿で分水、今のNMRI内にあった西分水路区間の途絶と復活。
    頭の中でモヤモヤしてた各資料間が繋がって来たような気がしてきました!
    ありがとうございます。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン