ちょっとパーツを買いにチャリで48キロ

昨夜も「自律神経失調症」にともなう発作は出ず寝られ、快調な土曜の朝を迎えられた。

そんな今日は、とある自転車パーツが欲しく、午前中、ロードでショップまで買いに行くことにした。
そのパーツとは、最近入手していた高照度フロントライト「Bontrager(ボントレガー)Ion 800 R」用の小さなマウント1個。


Ion 800 Rと「Blendr MTB Ion Light Mount」
欲しかったのはこのマウントではなかった…残念至極

CAYOさんのコックピットは、いま現在、レックマウント(以下Rec)Type19をベースにしていて、サイコン直下に昼夜問わず灯すライトをぶら下げるレイアウトにしているが、Recからボントレガーのライトマウントがラインナップされておらず(17.11現)Ion 800 Rをぶら下げるには一工夫しなくてはならない。

ただ、工夫と言っても、ボントレガー(とうかトレックだな)の同社ステムをベースにしたコックピット周りのアクセサリー一体化システムである「Blendr(ブレンダー)システム」のパーツをRecのライトアダプターと置き換えるだけのお話(GoPro仕様の下部アダプターは必要)。なぜならブレンダーの拡張用基本マウントはRec同様GoPro仕様(互換)だから。


レックマウント(下部アダプター)+ブレンダーMTB用Ionライトマウント

ブレンダーのIon対応ライトマウントは数種類出ているが、Recにぶら下げるのに好都合なのは「Bontrager High Ion Light Mount for Blendr」というステム先端の上に取り付けることを前提した商品で、実はこれの流通量はかなり少ないらしく、自分はIon 800 Rを買ったとき、同時に買ったブレンダーマウントは、ショップに該当商品の在庫がなく、当座としてMTB用(Blendr MTB Ion Light Mount)を買っておいた(上記二枚の写真がそれ)。

しかし悲しき性かな…これでは満足できない!絶対的にカッコ悪いし超絶的にゴツイのだ。よっしゃ!昭島にあるショップまで買いに行ったる。精神衛生上(比喩じゃなく)、心残りはよろしくないし。

お買い物♪ライド開始〜〜。とは言っても昭島は25キロ西…
土曜でカオス気味の多摩サイをメインに使って走る。ちなみに平均出力は170ワットほど。


ややっ、お隣さんはBlender+Ion 800 R!

ちょうど1時間で昭島のトレックストアに到着。店内に入り、店員さんと商品を探したが無い

(;´Д`) (;´Д`) (;´Д`)

まぢか…先に電話で確認すべきだったか。しかし店員さんが、「ちょっと待ってください」とお店の奥の方に行って、「ありました!1個だけ!あると思いませんでしたよ!」とおっしゃりながら商品を持ってきてくれた。おおーーやった〜〜。サンクス!トレックさん!今度買うフレームはMadone 9.9か??あっ既にドイツのあそこに発注済みだったわ。(>_<)

そしてピストンコースで帰宅。走行距離48.20キロ。

11/11(お買い物ライド):1:57’43 NP198W IF0.855 142.5TSS 1,034kJ

なんか結局いい練習になったみたい。(笑)

そして早速取り付ける。もちろん正規の付け方ではなく、ブレンダーシステムに対して形的に逆さ装着(これ、もしくはブレンダーベースにレックマウントって結構やっている人多いようだがメーカー保証外だよなーたぶん)。

Recの下部マウントにジャスト!

ライト装着。真後ろに配置してるDi2ジャンクションAとも干渉無し。

これで自分的に引っ掛かるものがなくなり気分スッキリ。「自律神経失調症」の抑止にも効果ありそうだ。

 

◇◆◆◇

 

実は、今回のライドで新調したアームカバーのテストも行った。それがこれ↓

パールイズミ製、レディース用サイズSアームカバー。自分は上腕最大囲(二の腕いちばん太いところ)24cm。これまで使ってきている同社のメンズ最小Sサイズだと上腕最大囲25〜30cmで、どうしてもずっこけてしまう。そこで目を付けたのが女子用Sサイズで、こちらだと上腕最大囲21~25cm。

見苦しい写真だが…

う、うおっ、ピッタシじゃねぇか。

もちろんズレない!草食系腕細男子諸君。まぢお奨めッス。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン