vivosmart HR J稼働1年7ヶ月にして

1年7ヶ月、充電以外ほぼ24時間腕に着けていたvivosmart HR Jを今日腕から外した。

機械は限界だった。
数ヶ月前に引きちぎれた純正ベルトは接着剤で修理しだましだまし使い、その代替品で用意していたサードパーティ製パチモンも直ぐに破損。充電端子は劣化により機能しないこと多々だし、Bluetoothの挙動も不審。もっとも、ハードなトレーニングやレース、はたまた数度の落車時にも常に着けっぱなしだから逆に良くもった。

で、vivosmart 3(Sサイズ。わたしの手首周りは160mm)にリプレイス。

レビューを書くのは面倒なので書かないが、きょうたいが薄く小さくなったのは○。ベルトも継ぎ目がなくなり、ちぎれにくくなり○。ハードボタンがなくなったのは最初戸惑ったがフルタッチ操作は直ぐになれた。しかしいちばんネガティブな部分を書いておこう。それは……

一度このGARMINで言うアクティブトラッカーなる “活動量計” を着けちまった人間は二度と外すことができなくなる。そう、わたしのようなデータ取りマニアは、毎日の積み重ねトラックデータをとり続けていると外したことで生じる「空白」を作りたくないのだ。しかもGARMINの好き嫌いに関わりなくconnectでデータ管理していると必然的に同社製にリプレースという悪魔の循環。

くそぉー、ガーミンめ!(昔のソニータイマーみないだな(笑))

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン