サンボルトジャージをテスト。で、街道練

9日金曜の朝走は街道練習へ。曇天ながらもたまに晴れ間。ただし湿度がえらく高い。

自宅…稲城大橋→(多摩川・川崎側)→川崎/府中街道→津久井道→(多摩川・狛江世田谷側)→二子玉川…中野事務所


アレなグラフティがいっぱい

そして東から吹く向かい風ながら5分間走を試みる。

6/9(5分間走):3.04km
5’24 AV33.8km/h AV237W Cadence AV101rpm

一昨日より良い結果。風がなければ、もっと出力を低く抑えつつタイム下げられそう。まぁ道交法上限界かもだが…(苦笑)

6/9(朝走):32.38km 85.3TSS NP177W

山には行かなかったが、平均出力やや高めでオッサン的ほどほど強度トレーニングとなった。
そう、これってジャージのおかげかもしれない。(おっと強引ですね。ステマにあらず念のため)

サンボルトさんのPROfitジャージと同ビブパンツを新調。決戦服にするつもりで、今日はテストで着る。

 

以下、購入もしくはオーダーする方の参考までに。

サイズは、上ジャージが「S」でビブパンツは「M」。
imakenスペック:身長168cm、体重59kg、チェスト84cm、ウェスト72cm、太もも付け根54cm(膝上10cmは45cm)

●パールイズミとのサイズ感比較

ネットで散見される「だいたいパールと同じサイズ感」は自分的にちょっと違って「パールよりタイト」が率直な感想。レースフィットで選ぶならパールと同じサイズ、ルーズに着たいなら一つ大きめを選ぶのがよさそう(って、PROfitの意味ないけどww)。

上ジャージとの比較(サイズ「S」での感じ方):
パールのプレミアムタイプであれば、サンボルトPROfitの方が余裕を感じ、パールで近いのは中間レースグレードだろうか。


パールのレースグレード(上)ジャージ

また、パールのベーシックはサンボルトPROfitより1サイズ上と思えるくらいサイズ感が違う。なのでパールのベーシックできつめと感じる人は同じサイズのPROfitは着られないと思う。

ビブパンツとの比較(サイズ「M」での感じ方):
サンボルトPROfitのビブはかなりタイト。同じサイズのパールプレミアムビブパンツ、レースグレードのコールドブラックパンツの方が緩く感じる。ただしフィット感はPROfitの方が良く、生地も薄い。ピチッとするが履き心地は良い。またパールより軽く作られている(パールのパンツは特に重いが…)のが嬉しい。

ライダー諸兄さんのご参考になれば幸いです。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン