機材の所為にしてねぇか?

最近、ロードを乗り始めて2年くらいのとある方のブログを読ませてもらってるが、どうも機材に頼りすぎていると感じている。貧脚だからホイールをポンポン買い、腰やお尻が痛いからサドルやポストを取っ替え引っ替え、サイコンのこの機能が欲しいから機種をアレもコレも…

社会人の方なので自分のカネで何買っても良いけど、昔なら考えられんな。
貧脚>鉄下駄で鍛えろ。腰やお尻が痛い>ポジション見直せ体幹鍛えろ。って感じ。機材の所為なんかじゃない。ロードのエンジンは自分なんだってば(ちょっとやっかみ)。

とは言ってもわたくしもガジェット好きだから気持ちは判る。(笑)そんなこと思っていた週末……

事前に自転車界隈(笑)で流れてた情報通り、ロードDi2の90と68でシンクロナイズド変速対応がなされた。シマノさん(にしては)意外と対応が早かった。

早速ファームをアップするも、当然っちゃ当然だけど、Bluetooth対応の新型マスターユニットバッテリー(BM-DN100/BT-DN110)がないとダメなんだよなー。

自分のは半年前に導入したSM-BTR2-1だし買い換えるのは勿体ないわな。

ファームのアップとシンクロナイズドの設定じたいはできるけど、ユニットがないと動作はしないとE-TUBE PROJECT氏はおっしゃる。

冷静にみつめると、ロード(ホビーレース)でシンクロナイズドをフルオートモードで使うシーンってどうだろう?まずインナー使わないクリテでは不要。エンデューロやヒルクライムは?これはあんがい行けるかも。というのもサテライトか90の隠しボタンをチロチロ操作するだけで重/軽変速できるから疲れないし走りに集中できそう。あとレース以外のロングツーリングとかはラクチンだろうな。

 

と、想像のみでお腹いっぱいにし、月朝はタンタンとフツーに走りますわ。

山なし平坦30キロの朝走だった。え??明日夜雪予報??まぢか…

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン