きっぷあれこれ3

これまで旅に出て入手した“きっぷ”です。

切符は当然ながら出札するときに返却せねばなりません。

ですが、駅員さんに言えばもらえます(めんどくせ~って顔するかも(^_^;))。

以下はいずれも、そのたぐいの合法的入手(笑)券です。

ハイ、もちろん使えません。

 

―古き良き国鉄時代―

昭和62(1987)年の4月1日に分割民営化された日本国有鉄道時代の切符です。

 

まずは中央本線下り『あずさ8号』(昭和54年7月23日乗車)で松本→甲府間。
昭和53年の改正で“偶数号が上り”に変更された後のもの。よって偶数である8号は上り新宿行き。
ちなみに“狩人のあずさ2号”は改正前の曲。

あずさ8号

 

次は、懐かしの東北本線上り「特急ひばり12号」(昭和57年4月21日乗車)仙台→上野間。
同年、東北新幹線が開業し、11月に「ひばり」の定期運行は廃止。

ひばり12号

 

そして国鉄時代の『こだま』と『ひかり』。

こだま237号

ひかり180号

 

記念切符の『新橋駅開業70周年記念』

新橋駅

 

記念切符『201系電車運転記念』

201系電車運行記念

 

最後に珍しい(かな??)国鉄時代のオレンジカード。

国鉄オレンジカード

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン