UFO本 その2

『空飛ぶ円盤を追え』学習研究社刊(昭和50~51年頃刊行)

冒頭部の戦争マンガをご紹介しましたが、ちょっとだけ本文中身を。

重ね重ね、

著作権はもちろん発行社にありますので、知的所有権を侵害しない程度にご紹介します。

 

あと、これをご覧になって

『読みたい!』

と思って学習研究社に問い合わせても無駄です。

 

 

当然ながら重版などしてない絶版です。

 

 

古本屋さんかオクで見つけてください。

(結構いい値段ダヨ)

 

ではでは、

 

 

 

実は本文の中で普通に宇宙人を紹介しています。

そう、未知のハズの宇宙人。

この本によると・・・

 

 

 

決めつけています。(笑)

『これが宇宙人だ!』

 

幼少の私「わ~~、こわいよ~~うちゅじんだよ~~」

 

 

 

 

 

まず、コイツ。↓

かなり危ない宇宙人らしい・・・

 

 

 

 

紹介文によると。

『身長1~1.5メートルで、最初は“緑の○○”(注:○○は小さい人の意味)と呼ばれていた。

―中略―

目撃記録は夕ぐれから夜に多く、

時には、光線銃のようなものをぶっぱなすという。』

 

 

 

と書かれている。

こ、光線銃!?

マジで??

マジこわぇ~よ。

 

 

 一見して理性のかけらもなさそうな凶暴な顔だち・・・

 

 

 

絶対に地球を侵略に来たタイプだよ。

 

 

 

タウ・ケ4星人のような知的なタイプじゃねぇーよ。

 

 

子ども時分、夕方に基地ごっこや防空壕探検などで遊んでいるとき、

マジ、コイツに合ったらどうしようと思った。

 

 

その時は、

 

 

幼少の私「ともだちとたたかう!」

 

 

とちょっと思ったけど、絶対かなわねぇよな~。

 

 

 

次にコイツ。↓

紹介文を読むと、

『―前略―知能も高くないらしく、ほかの宇宙人のペットだという説もある。』

と書いてある。

 

 

 

 

おお♪ちょっとかわいいじゃん。

 

 

 

 

幼少の私「ともだちとほかくする!」

 

 

なんて思ったけど、間近で合ったらやべーよなー。

絶対かなわないよ。

 

 

 

 

 

そして真打ちがコイツ。↓

 説明に『人間に似ている』とある。

 

 

 

つーか、

単なる、

 

 

 

 

“おっつぁん”じゃん。

 

 

 

 

その辺にいる、“おっつぁん”じゃん。

 

 

 

 

どーみても、“おっつぁん”じゃん。

 

 

 

 

しかも地球人ぽいヘアスタイルじゃん。

 

 

 

 

でもコイツ怖いと思った。

 

 

 

 

幼少の私「となりの、なかやま(仮名)の“おっつぁん”もうちゅうじんかも!?」

なんて思ったモンだ。

 

 

 

 

 

隣に住んでいた“なかやま(仮名)のおっつぁん”に似てた。

しかし・・・

 

 

 

 

この『宇宙人紹介』の見開きに隠された謎が・・・

 

 

 

 

何気なく描かれているのだが・・・

 

 

 

 

 

コイツら・・・↓

 

 

なんだ!?こいつらは???

 

 

 

 

説明は全くない・・・

 

 

 

 

目撃情報からイラスト化したのだろうか!?

なんかテキトーくさい絵だぞ。

全然わかんねぇ~よ。

 

 

 

 

しかも皆・・・

 

 

 

 

頭悪そーだし。

やる気なさそーだし。

こわくねぇーよ。

 

 

 

 

当時は気がつかなかったが、

 

 

 

 

完全に創作キャラだよな~。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン